テンセル(リヨセル)の豆知識

テンセルってどんな素材ですか?
 一言で言いますと、エコ素材です。
  オーストリア・レンチング社が開発した新素材です。やわらかく、サラッとした肌ざわり。上品な光沢が魅力の繊維です。実はテンセル素材「世界で最も環境に優しい(エコ)製法でつくられた繊維」だと言われています
人工繊維ではありますが、 石油などで作る合成繊維と違い、天然繊維に近い化学繊維です。水・化学薬品・エネルギーの使用量がオーガニックコットンなどの他の繊維よりも低く、また丈夫で長持ちするエシカルな素材と言われています
テンセルは何から出来ているかご存知でしょうか?
実は木材パルプのセルロース [※植物細胞の細胞壁および繊維の主成分のこと(wikipedia)] を原料とした化学繊維です!原料の木材パルプは自然の森を伐採するのではなく、人の手で管理された森の木(ユーカリ樹木)を利用しているそうです。そして木材パルプを有機溶媒 (NMMO) で溶かして糸にし紡いでいくのです。しかも、 その溶媒の99%以上がクローズドサイクルで回収され、生産プロセスに何度も再利用されているため、環境への影響が少ないです。 しかも、製造プロセスにおいて使用する水はぐるぐると循環しているため、新たに水を加える必要がほとんどありません。そのため、コットン生産するより100分の1ほどの水量で生産が可能です。土地使用も少なく、製造効率の良い素材です。

参考: レンチング社が使用するユーカリパルプは、FSC認証/PEFC認証(森林認証制度)を受けている世界有数のパルプメーカーと長期契約をしております。原材料の半分以上はオーストリアの森林に由来し、残りの部分は他のヨーロッパ諸国に由来します。
https://www.lenzing.com/de/nachhaltigkeit/ressourcen/holz-und-zellstoff

テンセルの製法
自然や人体に無害な溶剤( この溶剤は口に入れてもOKなもの)に木質パルプを溶かし、フィルターでろ過した後、パルプの不純物を取り除きます。
これを無数の細かい穴から押し出し、紡糸します。
生地や製品の段階でバイオ加工やウォッシュアウト加工を行ない、いろいろな表情や風合いを生み出しています。

② テンセルのメリット

  • ソフトな風合い、シルクのような美しい光沢感がある。
  • 生地がとても柔らかい、 伸縮性がある 。
  • 保湿性・吸湿性・速乾性が高い。

③ テンセル洗濯のポイント

  • 洗濯機で洗うことをおすすめいたします。
  • 必ず30℃以下の水で洗濯し、お風呂の残り湯などは使わないでください。 
  • 洋服を裏返して洗濯ネットに入れて、洗濯機に入れてください。
    *洗濯ネットは必須です。すれて表面が傷むのを防いでくれるので、少し網の目が細かい方がおすすめです。
  • 『エマール』などの中性の洗剤と柔軟剤をご使用ください。。
  • 洗濯機のドライコースや手洗いコースなど、弱い水流で丁寧に洗い上げるモードをお選びください。
  • 洗濯後、風通しのよい日陰で平干しし、自然乾燥します。
    乾燥機のご使用は避けましょう。高温で縮みがでる可能性がある上に、槽の回転で表面の繊維も傷めてしまいます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ウールの豆知識