ウールの豆知識

ウールとは・・・
羊の毛からとれる繊維をウールと言います。天然繊維です。
ウールには、繊維の細さによってランク分けをしています。
ウールは、16.0μ~40μまで羊の種類や毛の生えている場所によってさまざまです。
通常のメリノウールは、23μです。
高級ニット糸に使われるウールが19.5μのエクストラファインウールと呼ばれます。
ウールのランクは下記の表にまとめてみました。

ストロングウール          23~25マイクロン
ミドルウール            20~22マイクロン
ファインウール           20~21マイクロン
エクストラファインウール      18.5~19.5マイクロン
スーパーエクストラファインウール  17.5~16.5マイクロン


ウールは繊維の太さ(=マイクロン)が細い物ほど上質です 。当社の100%のウールニットにはすべて18.5μ から19.5μのエクストラファインウールしか使用されていません。

ウールの優れた特徴 ・・・
1、保温性に優れています。
雪山で遭難したとき、「肌着にウールを着用しているかどうかで生死がわかれる」とよく言われますが、そのくらいウールは汗を吸うだけでなく、熱を発生して汗冷えしないようにしてくれます。
2、吸湿、発散性が良いのです。
元々のウールセーターの用途は ご存じでしょうか。
実は汗の吸収も発散性も良いので『スポーツウェア』だったのです。
3、とても軽いです。
ウールの製品が軽く済むのは原料が軽いからです。シルクよりわずかですが、軽いのです。
4、ウールは涼しくて快適な素材です
夏には無いのではないかという声が聞こえてきそうですが、ウールが涼しい素材と言われる理由は、 繊維が空気を多く含んでいるので、空気の層が外の熱を遮断してくれるからです。 吸湿、発散性の良さや、軽さの特徴が夏にも適している素材で、夏での活躍もこれから期待できますね。
5、伸縮性に優れます 。
しわになりにくく、回復が早いので、型崩れもしにくいのはウールに伸縮性があるからです。
6、燃えにくい素材です。
7、静電気が起こりにくい 素材です。

当社は高級なカシミアニットだけではなく、高品質なウールニットも数多く取り扱っております。冬だけではなく、春、夏と秋にも合わせやすいようなデザイン性が高い商品をどんどん開発してまいります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です